ムーヴTOPムーヴの評価>ムーヴの買取相場と売り時と買い替え時期

ダイハツ ムーヴの買取相場と下取り査定から売り時と買い替え時期を探る!

 

ムーヴの買取
※ムーヴキャンバス:daihatsu.jp

 

 ここのページでは、ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの高額買取を実現するためのテクニックやノウハウ、過去の買取相場データから分析したベストな買い替えタイミング等について紹介しています。

 

 皆さんがムーヴを買い替える際の参考にしてもらえればと思います。

 

 

ムーヴで買取が高くなる組み合わせは?

 

ムーヴで買取が高くなる組み合わせは?

 

ムーヴで高い査定が出るグレードはコレ!

(ムーヴ)
カスタムX(ムーヴカスタム)
4WD車

 ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの高額買取を目指すなら、購入時のグレード選択が大きなポイントとなります。

 

 管理人がおススメするグレードと仕様はこちらです。

 

 ムーヴ/ムーヴカスタムの中古車市場を調査すると、下位グレード=新車価格が安いほどリセールバリュー(購入価格に対する買取相場≒お得の度合い)が高い傾向が見られ、ムーヴ/ムーヴカスタムのそれぞれ最下位グレードであるカスタムXが相対的にリセールが高く、お得になっています。

 

 また、4WD車は雪道など悪路での走行性が高いことから一定の需要が確保されている一方で、販売台数が少ないため、買取相場が高水準で安定しています(全グレード共通です)。

 

 これらのグレード・仕様を選んで、ムーヴ/ムーヴカスタムの高額買取を目指しましょう。

 

 

ムーヴで高い査定が出る人気色はコレ!

 

ムーヴで高い査定が出る人気色は

☆パールホワイトⅢ
・ブラックマイカメタリック


 ☆:メーカーオプション(料金21,600円

 ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムのボディカラーは、第一印象≒人気≒買取相場に大きく影響する重要ポイントとなります。

 

 管理人のおススメは上記の2カラー。ホワイトとブラックは鉄板の人気を誇り、中古車市場を調べてみると、他カラーと比べて10~30万円以上のプラスとなっていますから、ムーヴ/ムーヴカスタムの高額買取を有利に進められるでしょう。

 

※ちなみに、同じホワイトでもただの「ホワイト」もあり、こちらはパールホワイトⅢに比べて買取相場アップが弱いので、注意して下さい。

 

 

ムーヴで高い査定が出る人気のメーカーオプションはコレ!

 

 ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムを新車で購入するなら、ダイハツの工場でムーヴと一緒に作りつけるメーカーオプションを選ぶことが、高額買取につながります。

 

 と言っても、とにかく何でもつければいいのではなく、ここでは特に人気が高く、ムーヴの高額買取にプラスとなるメーカーオプションを紹介します。

・LEDヘッドランプ(ムーヴ)
・パノラマモニター(ムーヴカスタム)

ムーヴのLEDヘッドランプ

ムーヴカスタムのパノラマモニター

 

視認性の向上によって安全性を高め、すぐれた経済性(長寿命&省エネ)で人気なLEDヘッドランプ(※)、自分のムーヴを見下ろしているような視界を得られ、駐車時や狭い道での安全性から人気の高いパノラマモニターは、ムーヴ/ムーヴカスタムの高額買取はもちろん、自分で乗る上でもおススメです。

 

(※)LEDヘッドランプは、ムーヴカスタムでは標準装備となっています。

 

 

ムーヴの現在の買取相場はここで分かる

 

現在のムーヴの買取相場を手っ取り早く調べるには、下記の査定サイトが便利です。

 

ネット上で自分の車の買取相場が分かるかんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込むと、現在の中古車相場を反映した買取相場が画面上に表示されます。

 

そのまま複数の買取店へ査定も申し込めるので、ディーラーでは出せない専門店ならではの高額提示が可能です。ディーラーより57万円も高値が付いた例もあります。

 

かんたん車査定ガイドの概算相場

 

 

ムーヴの買取が安くなってしまう要因は?

 

色による査定の減額

・ブライトシルバーメタリック
☆ブラムブラウンクリスタルマイカ(ムーヴ)
☆メテオライトグレーイリュージョナルパール(ムーヴカスタム)

 ☆:メーカーオプション(料金21,600円

 ボディカラーは、ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの第一印象≒人気≒買取相場に大きな影響を及ぼすため、その選択を誤ると、買取相場が大きくダウンしてしまうことがあります。

 

 新車購入時には人気なシルバー系(ブライトシルバーメタリック)ですが、中古車市場ではユーザー層の若年化により、買取相場が下がってしまいます(若者は、あまり渋い色を好まない傾向が強いです)。

 

 他にもダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの不人気カラーとして2カラーを挙げていますが、これらはいずれもムーヴ/ムーヴカスタムの求める「かわいい」「かっこいい」というコンセプトのどちらにも中途半端な上、メーカーオプション料金21,600円がかかるため初期費用がかさんでリセールバリューの上でも不利となります。

 

 先ほど紹介したホワイト&ブラックの人気カラーと比べて、10~30万円以上のマイナスとなってしまいますから、ムーヴの高額買取を目指す上で、よほどのこだわりがなければ、これらのカラーは避けた方が無難です。

 

 

修復歴による査定の減額

 

修復歴有

 

 ぶつけたり壊したりして「修復歴あり」となってしまったダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの買取相場は、無傷のものと比べて買取相場が30~50万円以上もダウンしてしまいます。

 

 一瞬の油断で、30~50万円以上の大損害(高年式や低走行など、買取相場が高いムーヴほど、ダメージが大きくなります)。

 

 そんな事にならないよう、日頃からムーヴを大切に乗りましょう。

 

 

輸出によるムーヴの買取相場は?

 

輸出によるムーヴの買取相場は?

 

現行(2014年12月~) 不明
5代目(2010年12月~) 5~15万円
4代目(2006年10月~)以前 ほぼ廃車

 過走行や修復歴によって国内市場では敬遠されてしまう状態のダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムでも、海外市場でニーズが開拓できれば、上記の輸出買取相場(底値)で買い取って貰える可能性が残されています。

 

 ちなみに、ムーヴを輸出買取相場に出すには、ディーラーではなく買取店に持っていく必要があります。

 

 ディーラー下取りに出したら「価値ゼロ円+処分手数料」なんていう、売りに行った結果なぜかマイナスになってしまうようなムーヴでも、買取店なら上記の輸出買取相場で買い取って貰えるチャンスが残っているため、自己判断で諦めず、ムーヴを買取店に持っていくようにしましょう。

 

 ただし、完全に不動車なムーヴでは、文句なしに廃車コースとなるかも知れないため、少しでも価値を残せるよう、日頃からムーヴを大切にしましょう。

 

 

 

ムーヴの買取相場は?ムーヴの下取りと買取相場表

 

ムーヴの下取りと買取相場表

 

 ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムのベストな買い替えタイミングを探るため、過去10年間にわたるムーヴの買取相場データを一覧表にまとめました。

 

新車からの経過年数 ムーヴ L ムーヴカスタムX 【参考】
ディーラー下取り相場
新車価格 111.2万円 137.1万円 137.1万円
1年落ち・2017年
現行(MC後)

85万円

(76.4%)

105万円

(76.5%)

95万円

(69.2%)

2年落ち・2016年
現行(MC前)

68万円

(61.1%)

87万円

(63.4%)

77万円

(56.1%)

3年落ち・2015年
現行(MC前)

65万円

(58.4%)

83万円

(60.5%)

73万円

(53.2%)

4年落ち・2014年
5代目(MC後)

48万円

(43.1%)

67万円

(48.8%)

57万円

(41.5%)

5年落ち・2013年
5代目(MC後)

40万円

(35.9%)

52万円

(37.9%)

47万円

(34.2%)

6年落ち・2012年
5代目(MC前)

31万円

(27.8%)

42万円

(30.6%)

37万円

(26.9%)

7年落ち・2011年
5代目(MC前)

28万円

(25.1%)

38万円

(27.7%)

33万円

(24.0%)

8年落ち・2010年
4代目(MC後)

10万円

(8.9%)

29万円

(21.1%)

24万円

(17.5%)

9年落ち・2009年
4代目(MC後)

9万円

(8.0%)

10万円

(7.2%)

5万円

(3.6%)

10年落ち・2008年

4代目(MC前)

3万円

(2.6%)

6万円

(4.3%)

1万円

(0.7%)

MC=マイナーチェンジ。フルモデルチェンジは左に「現行」「〇代目」と表記 
カッコ内の買取相場は、ムーヴのリセールバリュー(新車価格に対する割合)です 
上記の買取相場は、色がホワイトパール&ブラック、修復歴なし、走行距離1万km/年、内外装ともに年式なりの平均的な程度のムーヴを対象にしています

 

買取相場グラフ

 

 ムーヴの買取相場を年式で追っていくと、モデルチェンジで5~15万円の落差が生じているほか、年式相応に値下がりしていくのがわかります。

 

 リセールバリューで見ると、3年落ちのムーヴLで58.4%、同じく3年落ちのムーヴカスタムXが60.5%となっており、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)と比べて高くなっており、ムーヴは買い替えに有利なクルマと言えます。

 

 ただし、ムーヴはあまり長く買取相場が残るクルマではなく、5年落ちのムーヴカスタムXで52万円(37.9%)、7年落ちで38万円(27.7%)、9年落ちに至っては10万円(7.2%)と急落していくため、最初から乗りつぶすつもりでなければ、5年以内など比較的短期間での買い替えがおススメです。

 

 ちなみに、表の右端にムーヴカスタムXをディーラー下取りに出した場合の下取り相場を載せていますが、買取店での買取相場と比べて5~10万円ほど安くなっているのがわかります。

 

 管理人もこれまで、20台以上のクルマを売ってきて、毎回必ずディーラーと買取店の両方から見積もりをとって比べてきましたが、ディーラー下取りの方が高かったことは、2回しかありませんでした。

 

 この差額は買取相場の高いムーヴほど大きくなり、あなたが損してしまうので、面倒でも必ず買取店の見積もりをとって、比較検討するようにしましょう。

 

 

ムーヴを買い替えるなら高く売れるタイミングで!

 

ムーヴを買い替えるベストなタイミングは?

 

買取相場から見る1年ごとのムーヴの損失額は?

 

メーカーオプション(パールホワイトⅢ)・ディーラーオプション(フロアマット、ロングバイザー、ナビ、ETC等14.5万円)・値引き合計15.9万円で「ムーヴカスタムX」を購入した場合の総支払額は、諸費用込みで1,420,000円となります。

 

グレード名 ムーヴカスタムX
車両本体価格

1,371,600円

メーカーオプション 21,600円
ディーラーオプション 145,239円
ディーラーオプション値引き ▲29,000円
諸費用 46,510円
新車値引き ▲130,000円
総支払額 1,420,000円(端数切捨て)

 

 

この142万円からその年の買取相場を引いた金額が、ムーヴ売却時の損失額となります。

 

損失額の推移から、ムーヴカスタムXの売り時を探ってみましょう。

 

新車からの経過年数 ムーヴカスタムX 買取価格 売却時の損失額
1年落ち・2017年
現行(MC後)

105万円

37万円
2年落ち・2016年
現行(MC前)

87万円

55万円
3年落ち・2015年
現行(MC前)

83万円

59万円
4年落ち・2014年
5代目(MC後)

67万円

75万円
5年落ち・2013年
5代目(MC後)

52万円

90万円
6年落ち・2012年
5代目(MC前)

42万円

100万円
7年落ち・2011年
5代目(MC前)

38万円

104万円
8年落ち・2010年
4代目(MC後)

29万円

113万円
9年落ち・2009年
4代目(MC後)

10万円

132万円

10年落ち・2008年

4代目(MC前)

6万円

136万円

上記の買取相場は、修復歴なし、色はホワイトパール・ブラック、走行距離は年間1万キロ平均、内外装年式なりの平均的な状態のムーヴが対象です

 

損失額グラフ

 

上記はムーヴカスタムXの買取相場と、各年落ちのタイミングで買取店へ売った場合の購入価格に対しての損失額です。

 

上記の数値をベースに、ムーヴのベストな買い替えタイミングを考察してみます。

 

 

車検のタイミングでムーヴを買い替えるなら

 

2回目の車検時が買い替えのチャンス

 

 今度の車検、手間もお金もかかるから、いっそムーヴを買い替えた方がお得かも?

 

 実際どうなのか、ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムを車検のタイミングで買い替えた場合、何回目で買い替えるのがよりお得なのか、考察してみました。

 

 まず、上の表データを基に、車検各回のムーヴ売却損失額とその年当たり額をまとめ直します。

 

 

車検

損失額の合計

(前回比)

年当たり損失額

(前回比)

1回目
(3年落ち)

59万円
(基準)

19.6万円
(基準)

2回目
(5年落ち)

99万円
(+40万円)

19.8万円
(+0.2万円)

3回目
(7年落ち)

122万円
(+23万円)

17.4万円
(-2.4万円)

4回目
(9年落ち)

159万円
(+37万円)

17.6万円
(+0.2万円)

※2回目以降の損失額については、それまで通した車検料(9万円/回とする)を加算しています。

 

 こうして見ると、車検回数ごとに上がって下がってまた上がって……を繰り返していますから、年当たり損失額だけを見ると、3回目(7年)が一番お得に見えますが、考えなくてはならないポイントがあります。

1)長く乗ることで故障=修理コストが発生するリスク
2)モデルチェンジが入って買取相場が大きく下がるリスク
3)売却時に手にする金額=買取相場の違い

 1)と2)は不確定要素のため数字には計上できませんが、時間が経つほどリスクが高まることは間違いありませんし、3)は1回目(3年)で83万円の買取相場が残っているのに対して、3回目(7年)では38万円しか残っておらず、お得感の上でも差が開いています。

 

 こうした事を総合して、車検のタイミングでムーヴを買い替えるなら、1回目(3年)がおススメです。

 

 

走行距離を目処にムーヴを買い替えるなら

 

走行距離を目処にムーヴを買い替えるなら

 

 ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムは、走行距離が長くなるほど買取相場が下がっていきますから、走行距離があまり長くならない内にムーヴの買い替えを検討するといいでしょう。

 

 目安としては、走行距離が5万km、7万km、10万kmに達するごとにムーヴの買取相場が大きく下がっていくため、そこまで近くなったらムーヴの買い替えを検討する必要があります。

 

 

年式が古くなってムーヴを買い替えるなら

 

 ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムは年式が古くなるほど買取相場が下がっていくので、ある程度は仕方なくてもあまり古くなり過ぎない内にムーヴを買い替えるといいでしょう。

 

 年式によるムーヴの買取相場下落はおおむね走行距離と連動していますから、一般的な1万km/年ペースを基にすると、5年、7年、10年の節目がムーヴの買い替えを検討するキッカケとなります。

 

 

モデルチェンジのタイミングでムーヴを買い替えるなら

 

モデルチェンジノタイミングでムーヴを買い替えるなら

 

モデルチェンジはダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの買取相場に大きな影響を与えるので、ムーヴの買い替えを考える大きなきっかけとなるでしょう。

 

(※モデルチェンジはフルモデルチェンジ>マイナーチェンジに大別され、大きさに比例してムーヴの買取相場に作用します)

 

上の一覧表を見ると、モデルチェンジの前後ではムーヴの買取相場に5~15万円以上の金額差をもたらしています。

 

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃すと、ムーヴの買い替えでそれだけの損失となってしまう危険性があるのです。

 

モデルチェンジによってムーヴの買取相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの始まる半年前からと言われているので、事前にモデルチェンジ情報をつかんだら、モデルチェンジ開始予定の半年前~3か月前をめどにムーヴを売れるようにしたいところです。

 

 

不人気色、過走行のムーヴなら買い替えずに乗り続ける選択も

⤵ 過走行(買取相場・大幅ダウン)
⤵ 修復歴マイナス30~50万円以上
⤵ 不人気カラーマイナス10~30万円以上

 これらの買取相場が大幅にダウンすることが予想されるダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムを、買取相場が残っている内に手放してしまいたくなりますが、少し待ってください。

 

 買取相場のダウンは、買取相場が高く残っているムーヴほど、ダメージが大きくなります。

 

 あなたがムーヴの買取査定をしてもらって、もしもその金額がここで示している買取相場より極端に安かったり、納得いかないものであれば、無理に手放さず、そのままムーヴに乗り続ける選択肢もあります。

 

 年月が経てば、ムーヴの買取相場も相応に下がり、やがて底値に達すれば、買取相場ダウンのダメージも、相対的に小さくなっています。

 

 その間におカネを貯めて、ムーヴを売ったおカネ(例えば10年落ちカスタムXなら6万円、少しは足しになるでしょうか)と合わせれば、次のクルマ選びの選択肢(ゆめ)も広がりますから、今度こそ満足できるカーライフを目指しましょう。

 

 ただし、まったく動かないような状態のムーヴでは、さすがに底値もつかなくなってしまうかも知れないため、少しでも買取相場を残しておけるよう、日頃からムーヴを大切に乗りましょう。

 

 

ムーヴを買い替えるなら何月に売るかも考慮する

 

中古車買取相場グラフ 

 

ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムの買取相場は毎年下がっていきますが、1年のトータルでは下がっていても、1年の中では買取相場は上下することがあります。

 

 という事は「上がる時期に売れば、ムーヴの高額買取が狙える」のです。

 

 これからその時期を紹介しますので、ムーヴの高額買取を狙っていきましょう。

【買取相場の年間上下イメージ】
1~3月第1週   (2月がピーク、第2週以降 ⤵ )
4~8月  ⤵ (下がる)
9~10月   (おおむね横ばい)
11~12月  ⤵ (下がる)

【1月~3月第1週】
  年度末決算と4月からの新年度・新生活に向けた中古車ニーズにより買取相場が上昇。春の売り時になります。

【3月中旬~8月】
  時期相応に買取相場が下落していき、8月でいったん底をつきます。なるべく待ちましょう。

【9~10月】
  中間決算期により中古車市場が活性化、下がっていた買取相場を押し戻して横ばい状態。夏~秋の売り時になります。

【11~12月】
  閑散期。12月に再び底をつきます。あと少しだけ待ちましょう。

 

 しかし、事前にモデルチェンジ情報をつかんでいるなら、上記の限りではなくなります。

 

 モデルチェンジがムーヴの買取相場に与える影響は、時期的要素よりも大きいため、モデルチェンジ情報が入り次第、なるべく早くムーヴを売れるようにしましょう。

 

 

ムーヴを買い替えるなら、何年ごとがお得?

 

ムーヴを買い替えるなら何年ごとがお得?

 

 

 ダイハツ ムーヴ/ムーヴカスタムのベストな買い替えタイミングをはかるため、過去の買取相場データを基に、買取相場下落と車検&タイヤ交換のコストも総合したムーヴの売却損失額を試算。

 

 今回はその中から、特徴的な3年ごと・10年ごとのデータをピックアップ・比較検討します。

 

  3年ごとの買い替え 10年ごとの買い替え
損失額(年当たり額)

59.0万円(19.6万円)

180.1万円(18.0万円)

買取相場下落

▲59万円

▲136万円

車検

0回

4回

タイヤ交換 0回 3回
故障リスク
モデルチェンジリスク
10年後損失額 196万円 180万円

【前提】
※年間走行距離は約1万kmとする
※車検は一回9万円とする
※タイヤ交換は約3万km≒3年ごとに行い、一回2.7万円とする


 こうして見ると、ムーヴを3年ごとに乗り換えるのと、10年間乗り続けるのとでは、同じムーヴに7年間長く乗り続けることで16万円(約2.2万円/年)の節約になるのがわかります。

 

 しかし、一台のムーヴに長く乗り続ける事で機械的トラブル=修理コスト(数千円~数十万円)やモデルチェンジが入って買取相場が大幅に下落する(5~15万円以上)等のリスクを抱えることになります。

 

 また、ムーヴを売却した際に受け取れる金額=買取相場についても、3年落ちで83万円、10年落ちでは6万円と、実に10倍以上の差があるため、その満足感はそれ以上に開きが出て来るでしょう。

 

 これらの要素を総合して、ムーヴのベストな買い替えタイミングとして、3年ごとの買い替えをおススメします。

 


さて、ムーヴの買い替えタイミングがわかったので、次にムーヴのお得な買い替えポイントもマスターしておきましょう。

① 走行距離は1万km/年ペースを維持
② クルマをぶつけたり、汚したりしない
③ 購入時は高額査定を意識した人気カラー&グレードを選択
④ 買取査定のプラスになりにくいディーラーオプションは不要
⑤ 購入時は最大限の値引きを実現
⑥ 売却時は最大限のプラス査定を達成

これらが実現できれば、ムーヴの買い替え時に損失を最小限におさえることでできるでしょう。

 

特に④のディーラーオプションはムーヴの買取相場アップにつながりにくい上、初期費用がかさんでしまうので、ナビやフロアマット、ドライブレコーダーやシートカバー等は、安い社外品でお得に揃えてしまいましょう。

 

ムーヴに適合する社外品はこちら

 

ムーヴカスタムに適合する社外品はこちら

 

⑤のムーヴ値引き交渉については、専門ページ「ムーヴ一発値引き交渉術」を、そして⑥のムーヴ高額買取テクニックについては、下記の「ムーヴを高く売る方法」も参考になります。

 

 

下取り車があればムーヴが安く買える!

 

ムーヴを下取りよりも安く売る!

 

ムーヴやムーヴキャンバスを購入する時、もしも下取り車があるなら、ムーヴの総支払額を下げることが可能になります。

 

下取り車の金額によっては、新車値引き以上に総額を下げられることもあります。

 

とてもシンプルな方法なので、トライしてみない手はありませんよ。

 

 

低く見積もられるディーラーの下取り金額

 

下取り車(中古車)の売却先は、主に新車ディーラー、中古車販売店、クルマ買取専門店、個人売買などがあります。

 

その売却割合は新車ディーラー約50%、中古車販売店&クルマ買い取り専門店が約40%、個人売買が約10%となります。

 

およそ2人に1人は中古車をディーラー下取りに出すわけですが、ディーラー下取り相場は、買取店と比較して平均15~20万円前後も安いことが多いのです。

 

大手買取会社の試算によると、平均して16万円安くなっている、というデータも出ています。

 

という事は、中古車をディーラー下取りに出しているユーザーの多くは「16万円以上も損している」可能性があると言えます。

 

管理人の経験ですが、以前にフィット4WDを買い替えた時、最初にディーラー下取りへ出した時の下取り査定は5万円でした。

 

「流石に10年落ちなんで、ホントは価値がつけにくいんですけど、店長に頼んで5万円つけてもらいますよ」

 

最初は「まぁ、そうなるな」「仕方ないか」と思っていましたが、なるべく高く売りたいのが人情というもの、買取店の査定サイトでも調べてみました。

 

買取店の査定サイトに申し込むと、自分のクルマの買取相場を教えてくれるのです。

 

その結果が、これです。

 

 

無料査定

 

「え?」

 

10年落ちフィット4WDが25.4万円?ディーラーより20万円も高いんですけど。

 

この金額差はいったい何事か?とさっそくディーラーさんに「買取店だと、25万円って査定してくれたんですけど……」と伝えたところ……

 

ディーラーも下取り金額をアップしてくれました!

 

これは、その時の契約書です。

 

 

 

最初のディーラー査定から、実に21万円も上乗せしてくれたのでした。

 

どうもディーラー査定が買取店より安い、というのは本当のようです。

 

しかし、今回のように買取店での相場を知っていれば、ディーラーの下取り査定をアップしてもらうことは可能です。

 

管理人が今回したことは、買取店のサイトに情報を入力して、出てきた買取相場をディーラーさんに伝えただけです。

 

これで21万円のアップ、実質的に次の新車を21万円値引きしてくれたのと同じ効果があります。

 

こんな簡単にシャトルの総支払額を下げられる可能性があるのです。

 

この時、管理人が利用した買取店の査定サイトは「かんたん車査定ガイド」です。

 

1分程度で愛車の情報を入力した後、すぐ画面上にその買取相場が表示されるので、「今すぐ買取相場が知りたい」「ディーラーの下取り相場と見比べたい」人におすすめのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

ちなみに「かんたん車査定ガイド」で査定を申し込んだ買取店での実際の査定は、今回のディーラー(アップ後)と同額でした。

 

もし買取店の方が高額だったら、買取店へ売ってもいいですね。

 

 

ムーヴを限界値引きで買うなら?

 

ムーヴを手間なく1度の商談だけで大幅値引きを引き出す方法です。

 

時間が無い方、交渉に時間を掛けたくない方におすすめの商談方法です。

 

>>ムーヴの一発値引き交渉!

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 ダイハツ ムーヴ購入サイト! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com